何でもフレンチスープ

| 未分類 |

店頭やメディアなどで、よく野菜ジュースの広告をみかけます。

健康や美容を重要視する生活と言うと、野菜の摂取は外せないポイントです。

ただどうしても、野菜が苦手・料理する時間もない、ということで、ジュースというのが現代人にとっては手っ取り早い摂取方法なのでしょう。

私の場合、決して嫌いではないのですが、「なぜ野菜をジュースとして、甘くまとめなくてはならないのか」と言う疑問、またジュースは必然的に体が冷える…という理由から、敬遠してしまっています。
全身脱毛 おすすめ
普段の生活で週何キロもの野菜を摂取しているので、とりあえず不足はしていないと思うのですが、ここに別の野菜の大量摂取の方法をご提案したいと思います。

それはスープ。(そう、野菜をとるなら塩味の方が好きなので…)

何でもいいのです。冷蔵庫にある半端な野菜、冷凍庫に残ってしまった使わないカット野菜、ミックスベジタブルでもいいでしょう。私は大根などの根菜などをよく使います。

それらを、洗って皮をむき、できれば小さめにカットしてから、ごく少量の水とともに圧力鍋に入れます。野菜の種類にもよりますが、だいたい15-20分ほどの加圧で止め、柔らかくなっているのを確認してからミキサーで粉砕します。

鍋に戻し入れたら、水を入れてお好みのゆるさにし、塩コショウで味つけします。あれば、最初の加熱の際にチキンブイヨンやだしなどを入れても美味しいものです。

これだけで、ごく簡単かつ経済的なフレンチ・スープの出来上がりです。これなら体も冷やしませんし、一皿で何種類もの野菜を一気にとることができますので、軽食にもおすすめです。

また、タッパーウェアなどに入れて冷凍保存することもできますので、まとめて作り置きもできてとても便利です。(ただ、元々冷凍野菜を使用した場合の2次冷凍はやめてください)

こんな風に、作るのも食べるのも楽ちん!な野菜のフレンチ・スープ。冬の寒い日々、健康的な食生活にお役立て下さい。

トラックバック

このブログ記事に対するトラックバックURL:

コメント & トラックバック

No comments yet.